阪神・淡路大震災から20年たった今。

先週末、1月17日(土)で阪神・淡路大震災から20年が経ちました。

当時、僕は小学5年生、両親と2つ下の妹と4人で住んでいました。

そんなに大きなアパートではなかったので家族4人川の字で寝ていました。

朝方、とてつもない揺れが急に襲ってきました。

もう絶対家は潰れるだろうなと、死を考えるほど尋常ではない揺れでした。

たった50秒程度の時間が何分にも感じるぐらい長い時間でした。

とっさに、僕の父親が僕と妹を覆い被さるように守ってくれたのを今でも覚えています。

 

淡路島では今でも地震の恐ろしさを残そうと各地で様々な取り組みをしています。

今回は、当時の地割れをそのまま残している“野島断層”をご紹介します。

 

f:id:hynm_nishino:20150119184217j:plain

f:id:hynm_nishino:20150119184423j:plain

f:id:hynm_nishino:20150119184340j:plain

f:id:hynm_nishino:20150119184440j:plain

※ちなみに当時の写真↓

f:id:hynm_nishino:20150119185217j:plain

 

 

f:id:hynm_nishino:20150119184514j:plain

f:id:hynm_nishino:20150119184522j:plain

f:id:hynm_nishino:20150119184533j:plain

 

ぜひ淡路島に行かれた際にはお立寄りいただき、何か感じていただけたらと思います。

ではまた。